FAFA Special: APUのギモン!?

August 1, 2018

今回のテーマは「噴水」

 

「APUの噴水が上がっている時間帯はいつ?」

「なぜ上がっている時と上がっていない時があるの?」

「オープンキャンパスの日や、偉い人が来る時には噴水の高さが変わるのはホント?」

 

APUの学生同士の会話で、このような声を聞くことがあります。ならば証明してみよう!!  

そう思った私たちSPAは、噴水の秘密について探るべく、噴水について詳しいアドミニストレーションズオフィスの杉本さんへインタビューを行いました。

 

        まず初めにアドミニストレーション・オフィスって?

 

アドミニストレーション・オフィスではただ噴水を取り扱っているだけではありません。様々なAPUの建物の管理、設営、各棟の改修工事などを行っています。例えば、カフェテリアの自動ドアの改修、APハウスの劣化防止工事、教室ブラインド、屋外のベンチ・ゴミ入れなどの設置やリニューアルなどが挙げられます。

みなさんはこの春からF棟とFll 棟の間のドアが自動ドアになったことに気づきましたか?

アドミニストレーション・オフィスはこれを文部科学省の補助金を得て改修しました。APUには車いすの生徒もいるので生徒が移動しやすくするために設置されたそうです!

アドミニストレーション・オフィスのお仕事はそれだけではありません!

学生の学費などの納付書の管理、また総務、具体的に言うと人事、給与なども扱っています。

アドミニストレーション・オフィスの仕事は学生にとっては身近に感じづらいけれど、実は深く関係しているんですね!(私自身も二回生ながらアドミニストレーション・オフィスの細かな仕事内容は話を聞くまで知りませんでした・・・。)

 

ではでは、ここからは本題であるAPUの噴水について紐解いていきたいと思います。

 

 

ギモン1 噴水が上がっている時間帯は何時から何時まで?

 

これについては知っている人も多いかと思いますが、噴水が上がっている時間帯は基本的に授業と授業の間の休み時間だそうです。しかし、1限と2限の間、5限と6限の間とその以降(日没後)は噴水は上がりません。杉本さん曰く、授業と授業の間に噴水を上げている理由は実にシンプル。

 

APU学生のために。

 

「噴水を上げることで学生が今日も勉強頑張ろうと思ってもらえる、短い休憩時間を楽しむ手助けになればと思って噴水を上げているんです。」とおっしゃっていました。ただし、噴水の費用削減のために学生が頻繁に移動するタイミングである休み時間にのみ噴水を上げているそうです。

 

ギモン2 噴水はいつから始まったの?

 

開学と同時に噴水もオープンしました。

 

ギモン3 噴水の掃除は行われているの?

 

夏と冬の年間2回、それぞれ卒業式の前、そして入学式の前に噴水の清掃は行われています。入学式は新しい学生を迎え入れるための大きなイベントであり、卒業式は今までAPU生として過ごしてきた学生への門出をお祝いする気持ちからだそうです。

 

ギモン4 噴水は誰が操作しているの?

 

みなさんは中央監視室に行ったことがありますか?そうです。校内で落し物をしたときに行く、あの場所です。実は噴水もそこで操作されているんです!中央監視室といえば、様々なイベントで使う機材があったり荷物の運搬の設備も設置されていますよね。その奥には、鹿島建物さん、旭環境管理会社の方々が働いているオフィスがあります。皆さんは設備のメンテナンスやその他のお仕事を担っています。実際に私も中に入らせていただきました。すると操作が難しそうな機械がずらり。その中には噴水の操作を行っているパソコンあり、どのようになっているのかを見させていただきました。

 

このパソコンで噴水を操作しています。授業の合間の噴水が上がるタイミングはプログラムされておりコンピュータ一つで自動的に上がるようになっています。コンピュータ一つで操作されているのもすごいことですね。

 

ギモン5 噴水の高さは何段階に分かれているの?

 

3段階あります。低い方から2.5m、4m、そして6mです。常時一番低い2.5mで運営しています。理由はAPUあるところの気候が変わりやすいため風が吹いたりすると噴水の水が通行人にかかってしまう可能性があるからだそうです。

実は2013年に安部総理大臣がAPUへ来られた時も噴水の高さは変わっていないんです。

決して偉い方が来られたからといって噴水の高さを高くしているわけではありません!

学生のみなさん、これで皆さんが一番気になっていたギモンが検証されました。

え、でもたまに噴水が高く上がっているような気がするって?杉本さんに再度聞いてみました。

「えっと、もしかすると私の機嫌が良い時は噴水が高く上がっているかも。」と杉本さん。

ええええ、気分によって噴水の高さ変えることできるんですか!?これは、杉本さんのみぞ知る噴水の謎なのかもしれません。

 

ギモン6 噴水の中に入ると退学はホント?

 

「そういうことにしときましょうか。笑」と杉本さん。

何かの間違いで入ってしまったならまだしも、悪さをする人は退学どころじゃないですから。

なので学生諸君、本当に当たり前のことですがくれぐれも、くれぐれも噴水の中には入らないように。

 

最後に、杉本さんからのメッセージ

 

私たちは生徒第一でお仕事しています。生徒が喜ぶことを前提に考えて噴水の管理であったり、建物の設備の管理をしています。噴水に関しては、生徒が噴水を見て、勉学の励みになったり安らいでほしいという想いで管理をしているつもりです。なので、決してVIPの方々が来られた時のみ噴水の高さを変えているわけではありません(笑)もし噴水が高く上がっている時は私の気分が良い時だと思ってもらえれば。学生の皆さん、学業頑張って下さい。応援しています。

 

どうでしたか?今回のテーマは「噴水」。少しでも皆さんのギモンを解決することができたでしょうか?では、また次のギモンコーナー、またはスペシャルでお会いしましょう。

 

Please reload