ワールドカーニバル2019:APU多文化環境の祭典

July 11, 2019

日本でも有数の国際大学の一つであるAPUは、世界90か国以上から学生が集まる、すばらしい多文化環境をどのように活用すればよいか、そしてみんなが集まる機会をどのようにして作るのかを常に知っていることで有名です。さあ、APUの学生寮であるAPハウスを訪ねて、何が起っているか見てみましょう!

 

APハウスには1300名近くの寮生が居住し、90%が一回生で、各階には2名のレジデント・アシスタント(RA)を配置し、それぞれの棟で生活をしています。これは世界中から集まった学生にとって、お互いの文化や背景を知るためのとても素晴らしい環境です。それを踏まえて、RAは、現在寮外に居住する学生を含むAPUの一回生全員(2019年春現在)を対象に、「ワールドカーニバル2019」というイベントを企画しました。

参加者であるAPハウスの寮生やAPUの一回生、そして企画者であるRAも同じく待ちに待ったワールドカーニバル2019が、ついに6月23日(日)の13時からAPハウス2で開催されました。あなたは今、ワールドカーニバル2019でいったい何が行われたのか少しワクワクしていることでしょう。想像してみてください、食べ物やゲームそしてパフォーマンスなどあなたがこの世で大好きなものすべてがそこあったのです!APハウスの6棟が世界6大陸であるアジア、ヨーロッパ、オセアニア、北アメリカ、南アメリカそしてアフリカとなり、各棟はの学生はその大陸の「象徴」である食べ物や活動の準備を精一杯頑張りました。

 

異なる大陸を代表する食べ物が用意されました。

 

参加者が食べ物を楽しむなか、ケーミューズ ボーイズアンドガールズ、APUよっしゃ虎威、ダンスサークルのSSSなど、ありとあらゆるAPUのすべての有名なサークルのパフォーマンスもまた参加者の「目を満足」させていました!APハウスの寮生、そして特にAPハウスのRAの驚くべきパフォーマンスもたくさんありました。

 

APU学生団体によるパフォーマンス

 

そして、APハウスの寮生も

 

もちろんRAによるパフォーマンスもありました

 

APハウスの寮生にとって、このイベントはたった一か所で世界中のさまざまな料理や活動を楽しみ、フロアメイトやRAと親睦を深め、特にAPUの多文化環境と精神を体感するためのとても素晴らしい機会となりました。

 

APUの一回生(2019年春時点)にとっては、寮生活を一目見て、APハウスの寮生として国内外の学生が日々交流するAPUの他にはない多文化環境を理解するための非常に素晴らしいイベントとなりました。

 

Please reload