コリアンウィーク2019 – 伝統とモダンが出会うとき

November 19, 2019

コリアンウィークは、毎年APUで開催される韓国文化を紹介するイベントで、APUの学生だけではなく、韓国という美しい国について高い関心を持つ地域の方々からも注目されています。特にKポップ公演は、昔からコリアンウィークの目玉として、他のマルチカルチュラルウィークの中でも注目されていますが、ポップカルチャーだけではなく、往年の韓国の様子を紹介することも目的とした今年のコリアンウィークでは、象徴的なKウェーブダンス以上のものが見られました。

 

今年も、開幕&閉幕パレード、コリアンフードマーケット、韓国語スピーキングコンテスト、Kウェーブや週末のグランドショーといった恒例イベントがありました。パレードでは、伝統的かつスタイリッシュな最新の衣装の展示に加えて、最新の人気Kポップソングで観客を盛り上げます。韓国フードマーケットでは、韓国フード愛好家必見の本場の郷土料理がふるまわれ、韓国語スピーキングコンテストは、誰でも韓国語会話を練習して楽しめる場所になっていました。そしてKウェーブは、例年通り、最高のアイドルパフォーマンスを楽しめる音楽パーティーでした。最後にグランドショーでは歴史的なストーリー構想でコリアンウィークを締めくくりました。

 

 

Kウェーブは、コリアンウィークのシンボルでかつ必見のイベントになっているため、毎年目新しくなければ観客から注目され続けることが難しくなっています。コリアンウィークの組織委員会はそういった観客の期待を理解したうえで、最新の流行曲を用意し、公演のありとあらゆる細部まで力を入れていきました。そのため、Kウェーブの観客数は年々増加しており、イベントをさらに熱いものにしています。

 

 

昨年はコリアンウィークにグランドショーがなかったため、今年の組織委員会はショーの参加者の募集や準備をしている間、大きなプレッシャーを抱えていました。今年のグランドショーのねらいは、古代韓国の伝統的な姿を実演することでした。歴史に基づいた筋書きは別として、このショーでは武芸のようなパフォーマンスにおける現代性も描写していて、観客が夢中になって楽しめるものになりました。

 

 

 

最後に、日韓関係をより良くするために、コリアンウィークは土曜日にフリーハグイベントも開催しました。韓国の伝統衣装である韓服を着ているメンバーと、別府駅に来た誰もが温かいハグを交わしました。こうした小さな行動が世界を変えるのです。このイベントは、コリアンウィークがAPU独自の文化行事であるだけでなく、韓国と他の国々との関係を強化する場でもあることを示す大きな成果となりました。

 

 

 

 

 

Please reload