新進気鋭のクリエイター集団発!新しいTOJIが紡ぐ恩返し-プロジェクトB 2020始動!

APUでは2017年度から学生の自主活動を支援する取り組みとして、選抜プロジェクトという取り組みを始めました。その中でも「B型(プロジェクトB)」は「国際社会で活躍するための異文化受容力・協働力を養う」「正課での学びを活かす」「社会に貢献する」ことを強く意識した、学生考案のユニークな企画が選抜されます。

今回は、今年度のプロジェクトBに採択された団体の一つである「youth_since2019」の荒川恵さんにお話を伺いました。

(zoomを利用した最先端のオンラインインタビューにて)

【youth_since2019とは】

「学生である時間と体験をより豊かに面白く」をビジョンに多様なクリエイティブコンテンツ、アイデアを生みだす、 “学生クリエイティブブティック”

この度のプロジェクトBでの採択おめでとうございます。今回、プロジェクトBには「TOJIを通じ別府の魅力を伝えるwebドラマを作る」という内容でご応募されたと思いますが、詳しく教えて頂けますか?

ありがとうございます。古くから別府に伝わる 湯治は「温泉地に長期間滞在し、特定の疾病の温泉療養を行う行為」ですが、私たちは自分たちで新たな湯治の概念を作り出しています。現代の若者は昔より便利な生活をしていますが、こんな社会だからこそ息苦しいし、疲れる時もある。忙しく過ごしている時間の中で自分のことや仲間と向き合う時間が少ない中、抜け出して別府で「豊かな自然と美味しい食事、体を潤すお酒と暖かい温泉に包み込まれた 非日常を楽しむ」=湯治と考えています。また、「若者が贅沢な非日常を楽しむことで再び飛躍するための準備をすること」を追加で定義づけし、新しい「TOJI」としました。

すごいですね。お話をきいていて、アイデアはどうゆうところから湧いてきたのかなと気になりました。

そうですね。企画書を全員で集まり、作りましたが …最初は別府の魅力を伝えるウェブドラマ制作ということで若者に刺さる・共感されやすいストーリーで、脚本としては同世代の若者が山あり谷ありを乗り越えていく、希望のあるストーリーにして、視聴者のみなさんが自分自身を重ねることで共感し、頑張る気持ちが湧くことや 、頑張る活力にしてほしいと思っていました。ですが、もっと別府の魅力を伝えたい・恩返ししたいという気持ちから別府の魅力を一言にするのなら何になるかなと思ったら、自然と食事と温泉と人・雰囲気の全てが貴重な価値になるなと思い、単語を探していた時に湯治をみつけ、今風に定義づけしようと思い、私たちが思う「TOJI」というワード を作り出しました。

プロジェクトに対する熱い気持ちは伝わってきたのですが、では、なぜプロジェクトBに参加したのですか? 

私たちは「学生である時間をより豊かに面白く」というビジョンのもとに活動をしています。その中で、影響力の大きいプロジェクトをしてみたいと思ったことと、日頃お世話になっている別府に恩返ししたいと思う気持ちが大きかったです。また、採択していただけると大学から支援がいただけることもあり、自分たちではいけないところや私たちの力だけでは届かないところまで影響を及ばすことができたり、たくさんの方に知っていただけることで支援をいただけたりすることで、全国の若者に知ってもらい、別府にきてもらうという本来の目的にもつながると思い、参加しました。

すごく大変な行程だったと思いますが、このプロジェクト・審査を通じて得られたことはありますか?

ここまでの段階で得られたこととしては、審査プレゼンがライブ配信だったこともあり、APUの学生や自分たちの周りの社会人の方々が視聴してくださったり、コメントや応援をしてくださったりしました。さらに、プレゼンで使用した動画撮影の際にも、沢山の方にご協力していただいたこともあり、色々な方々のご協力や応援のもと全ての選考が成功したと思いました。認知していただきメッセージを送ってくださったことに本当に感動しました。これからも沢山の人に応援していただいたいですし、みんなでこのプロジェクトを作り上げていけるといいなと思いました。

今はどの段階までプロジェクトが進行しているのか教えてください。

現在は脚本などストーリーに関した内容を詰めている最中です。撮影は早くても9月からとしています。コロナの影響を見つつなので、後ろ倒しになる可能性もあるんですけど、最初の企画段階はとても大事になってくると思うので、そこは妥協をしないようにと、計画を立てています。

お忙しいyouthさんですが、プロジェクトB以外にされている活動もあると聞きました!本当ですか?

はい。プロジェクトB以外には、外部からも案件を受注しています。youth内部で行なっていることとしては、Swee‘Peaというインスタグラムのアカウントの運営をしています。

Swee‘Peaのマガジンは私も毎週楽しく拝見しています!

5月から開始して月に100人ペースでフォロワーが伸びているので、今後もっと認知度を広げていきたいなと思っているところです。もっと多くの方々にさらに素敵な情報を届けたいです!

これからの活動はどのようにされていくのでしょうか?

これからの活動は、外部からの案件受注とyouthの内からの活動としてのプロジェクトBとインスタグラムの3つの予定です。プロジェクトBとインスタグラムで今後連携をとれるようにできたら、発信力や影響力が高まると思い、その準備をしていきます。

読者の方に伝えたいこと・メッセージをお願いします。

まず、私たちが行っているSwee‘PeaのSNSについてですが、このアカウントでは食や旅や音楽、ライフスタイルなど、学生である時間をもっと面白く豊かにできる学生目線のコンテンツを毎週金曜日21時にインスタグラムにて更新していますので是非見てください!

Swee‘Pea アカウント 

https://www.instagram.com/sweepea.mag/

それとは他にyouthのアカウントもインスタグラムにて開設しております。Youthメンバーについてや活動内容の紹介も公式ホームページと共に、随時掲載予定(8月を予定)ですのでチェックして頂けたら幸いです!

youth_since2019アカウント https://www.instagram.com/youth_since2019/

youth_since2019 ウェブサイト https://youthsince2019.pb.studio

プロジェクトBのウェブドラマの配信は予定通りに行けば、10月からYouTubeにて配信予定です。それまでにもティザーが8月公開(予定)で予告編の公開が9月(予定)という流れになりますので乞うご期待ください!

1(イチ)ファンとしても、これからも目が離せません!楽しみです。今日はありがとうございました!

© 2017 Ritsumikan Asia Pacific University