• 幸田 華子

旅行大好きSPAプレゼンツ 思い出し旅〜微笑みの国タイ編〜


みなさん、2021年になりましたね。今年もSPAをよろしくお願いします。

毎年QBには友達と遠出をするのが楽しみだったのに、2020年は行けなかったので一昨年の旅を振り返りつつ、余韻にひたりたいなぁと思います。その名も、気持ちだけでも海外気分になる「思い出し旅」作戦です。APU生ならきっと共感してくれるはずです。



1. 学長も語る3つの大切なこと

われらの出口治明学長が繰り返しおっしゃっている言葉を知っていますか?

生産性を高め、新しいアウトプットを生み出すために人生において「人・本・旅」の3つがとても大切だということです。学長がおっしゃる通り、人に会い、本を読み、現地にでかけるということをするだけで、心も体も豊かになるのは私も日々実感しています。中でも一昨年のQBに友達とタイに行った際には、本当に心も体も、お腹でさえも満たされたので、少しシェアして行きたいと思います。


★学長の旅についてのインタビューはこちらから(外部サイト)


船上マーケットはベタだけど、やっぱり楽しいです!ココナッツがオススメ!

2. 食べること中心主義

私も旅は大好きですが、振り返るといつも食べたい物を食べるための旅をしています。このタイ旅行も本場のタイ料理を食べることが目的でした。(これは私がタイレストランでアルバイトをしていたからです!)その国のご飯を食べると舌でその文化や雰囲気を感じることができて、よりその国が好きになるのが旅の醍醐味です。特に、食べ歩きなんかは最高です笑

食べ物があるだけで、三割増しで楽しくなるのが旅行ってもんですよね!


3. どんなことでも笑い話になる説

さて、旅にトラブルはつきものと言いますが、私たちの旅もトラブルがありました。それはトゥクトゥクのおじさんに法外な賃料を請求されそうになったことです。川を渡るのに公共交通の船で行こうとしたら、船着き場まで送るよとフレンドリーに声をかけられました。お金は要らないとのことで乗車すると特別な船着き場に案内され、普通の船の約400倍の運賃で船に乗せられそうになりました。あまりに法外な値段だったので、「昼ごはんを食べる」とダッシュで逃げました。

そのほかにも、バス停で雨が降り始めたので傘を買っていたら、バスに乗り遅れそうになったり、船の乗り換えがうまくいかず同じ川を何往復もしたりと、ドタバタの旅でした。ただ、1人じゃなくて一緒に友達がいたことで、そんなトラブルも笑い話に、何なら素敵なお土産話になってしまうのだから、友達って偉大です。

初めてのゾウの背中は、アラジンになった気分を味わえた!けど横揺れが…


4. 次の旅のためのこと

ここまでつらつらと私のタイ旅行について書いてきましたが、書きながらやっぱり旅が好き!旅行したい!という気持ちがどんどん湧いてきます。しかし、世界を見ても今は旅ができる状況ではありませんよね。いつまでもウジウジするのももったいないので、私はこの期間を次の旅の下調べ期間にしたいと思っています。旅行に行けない今だからこそ、どんどん想像、いや妄想はどんどん膨らみ、しっかりと準備できるはずです!私は毎回、旅のしおりを作りますが、今度はもっと凝ったやつを作ります! 次の旅行先を決めるにあたって、みなさんのお土産話も聞きたいなぁ!特にトラブルの話は大好物なので、教えてくださいね。

タイのお寺にはたくさんのお坊さんと動物たちがいるのが印象的。みんなのんびりです。



おうち時間でこんな旅も!


★オンライン体験旅行(HIS)

https://www.his-j.com/oe/theme/about_onlineexperience/index.html


★旅のしおりテンプレート

https://www.microsoft.com/ja-jp/office/pipc/travelguide


★スマホでしおりを作れるサービス

https://shiorisu.com/travelguide/


実際私が作ったタイ旅行のしおりです!

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

© 2017 Ritsumikan Asia Pacific University