• DOAN Phan Ngoc Ha

New to APU:APハウス入寮、プラスの持ち物リスト!

春セメスターも目前、APUに新入生が入学しますね。APUの新入生が大学生活をスタートするにあたり、役立つ情報をお届けする新シリーズ「New to APU (APU新入生)」をスタートします。

新入生はAPUの学生になれる嬉しさの反面、緊張もしていますよね。もし初めて家を離れて生活するなら、一大事です。

SPAは、基本的な持ち物に追加して、APハウスの入寮に必要な持ち物について準備ができていればできているほど、引っ越しの際のストレスを緩和できるのではと考えました。※まだご存じない方のために説明しますと、APハウスはAPUが提供する新入生をメインとしたキャンパス内の国際教育寮です。


それでは、早速見ていきましょう!

1.バス&ビューティーグッズ:洗面用具、スリッパ、ドライヤーなど


これらは、非常に重要で必要なグッズです。APハウスでは、シャワールームは2つの部屋に分かれていますが、アメニティグッズは用意されていません。そのため、旅行用のアメニティセット(歯ブラシ、歯磨き粉、スキンケア、シャンプー・リンス・シャワージェルetc)とタオルを用意しておくと、到着した初日にシャワーを使う際に困ることがありません。また、APハウス内を移動する際や、部屋からキッチンやシャワールームなどの共有スペースへ移動する際には、常に靴を履いているのではなく、スリッパもしくはフリップフロップなどがあると便利です。

ヘアドライヤーはシャワー後に髪を乾かすために、特にロングヘアの方には強くお勧めします。濡れた髪で寝るのは誰でも嫌ですよね。



2. 食べ物・おやつ:インスタント食品とカトラリーセット


大学寮での最初の夜を、お腹を壊しながら過ごさないようにしましょう。APハウスまでの道のりは長く、特に到着が遅くて買い物をする時間がない場合は、何か手に持っているとエネルギーをチャージするのにとても便利です。APハウスからのカップ麺などの支給もありますが、自分の好きなカップ麺やインスタントライスなど、電子レンジで簡単に作れるインスタント食品や、スプーンや箸、フォークなどのカトラリー、そして夕食や新しいフロアメイトとの交流用のスナックを持っていくことより安心ですよ。


カップヌードルは、APハウスに引っ越してきたばかりの時に重宝しますよ。(写真:立命館生活協同組合)



3. 電子機器・設備 :アダプター・延長コード


日本に来るのが初めてという方は、日本のコンセントは平型(Aタイプ)で、国内の電圧は100Vであることを覚えておくとよいでしょう。お手持ちの電化製品が平型プラグでない場合は、安全にのために、アダプターをお持ちになることをお勧めします。また、延長コードがあれば、近くのコンセントに届かないケーブルを持つ機器の電源確保に大いに役立ちます。



4. コロナ対応:マスク、手指消毒剤、体温計


新型コロナウイルスの影響で、基本的な荷物以外にもパッキングリストへの追加項目があります。使い捨てマスクを使用したい場合は当然追加しなければなりません。洗える布製のマスク、体温計、手指の消毒液は、APハウスから配布されます。


安全のために、マスクも欠かせません。(写真:立命館生活協同組合)


APハウスオフィスよりコメントいただきました!



スチューデント・オフィス入寮案内(基本の持ち物はこちら!)

https://www.apu.ac.jp/studentsupport/notice/article/?storyid=214



以上、SPAが考える、APハウス入寮時にあると便利な持ち物のご紹介でした。なお、APハウスには自動販売機や小さな売店の「ハウスコープ」があり、生活に必要なものが揃っています。

次回の記事もお楽しみに!(New to APU シリーズ)





  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

© 2017 Ritsumikan Asia Pacific University