• VO Phan My Tra

SPAから新入生のみなさんへ - 楽しくオンライン授業を受けるコツに”Zoom”!

今年の秋セメスターは、オンキャンパスの授業とオンライン授業の両方が行われることになりましたね。在校生の私たちにとっても、毎日通学しての授業から、在宅でオンライン受講をすることへの移行は大変な変化でした。別府へ移ることなく母国などで在宅での大学生活を始めることになった新入生にとってはもっと大変なことだと思います。

しかし春セメのオンライン授業を通して、私が獲得した良い習慣もたくさんありました。この記事では、効果的な学習プロセスと健康的なライフスタイルを維持するために、おすすめな方法をいくつか紹介します。APUの新入生だけでなく、オンライン受講の機会をもつ誰にもトライできる内容です。

1. 勉強スペースをきちんと用意する。

ベッドに寝そべって、マットレスの上でZoomの講義を聞くというのは、1限目開始時間である日本時間の午前8時45分が自分の国では早朝、あるいは深夜という学生にとってはとても魅力的なことです。私は朝が弱く夜更かし派なので、時差でベトナム時間の朝6時45分に1時間目の授業を受けることはかなりの問題でした。そのため、机の上には必要な筆記用具を整えておき、お茶を飲みながら勉強することでモチベーションを上げるようにしています。また、机の上には可愛らしいアクセサリーを置いて、気分を高揚させたり、長時間画面を見ていても楽しく過ごせるようにしています。

私の学習スペース

2. 体を動かす

自由に出歩けたときにはジャンクフードを食べて 運動をしない 不健康な生活をしていました "キャンパス内を歩き回ったり バス停に向かったり-" "用事を済ませたりすれば 一日の運動になる" と 自分に言い聞かせていました笑。 しかし、本当はそれが通用しないことは誰もが知っています。外出自粛中に自宅でできる運動していた他の人が元気に見え、何よりも健康的に過ごしているのを見て、私も試してみることにしました。結果的に外見的にはあまり変化は感じられませんが、気分や集中力、生産性が格段に上がりました。というわけで、皆さんも運動をしてみてください。いくつもオンライン授業を受講した後の1日の筋肉のストレッチにもなります。

自宅のワークアウトグッズ

3.ためらわず質問する

APUは多文化共生の環境で、友人や先生方を通して世界各国の知識を得ることができますが、自分の意見や考えを多くの人と共有することに抵抗がありました。Zoomは、自由に質問をしながら、Breakout room機能を使ってより多くのグループディスカッションに参加できるプラットフォームの役割を果たしてくれています。また、インターネット接続の強さは場所によって異なるため、教授が会議の様子を録画したものを提供してくれることが多く、授業後にじっくりと見ることができます。これらの要素を総合すると、オンラインでのコミュニケーションは少々不便ですが、私自身はより多くの人に手を差し伸べ、講義をより深く理解しているように見えます。

Zoom会議画面

4. 規則正しい生活をおくる

自宅からキャンパスまでの移動時間や教室から教室までの移動時間を削ることができるので、オンラインの場合時間に余裕があると思いますよね。しかし、だからといって、授業開始1分前にログインしたり、空いた時間で好きなことをしたりすればいいというわけではありません。授業中の集中力が落ちてしまい、中間試験や期末試験で詰め込みをしてしまうことになりかねません。普段は、少なくとも5分前にはログインして「授業に行く」ようにして、締め切り間近に詰め込み学習をしないように、その日に終わらせるべき課題を計画的にこなしておくようにしています。

私のスケジュール管理画面

5. APUの情報ハブをこまめにチェックする

APUの学生として最新の情報を得るには、キャンパスターミナルやmanaba、Outlook(いずれも入学後に使用可)、その他APUのSNSのアカウントを利用するのが一番です。オンラインで授業を受ける際には、教授やオフィスと連絡を取るための唯一の手段となっているため、この習慣はさらに重要になります。Zoomを使って授業を受けてからは、1日2回、授業前の朝と授業終了後にAPUの情報ハブをチェックするようにしています。

キャンパスターミナルのトップ画面

これらのヒントはあなたにとって簡単に思えるものかもしれませんが、私の提案がオンライン授業に不安を感じる人たちのやる気アップにつながることを願っています!どのような行動の変化も、慣れればきっとすぐにうまくいきますよ。

それでは、オンラインでの充実した秋セメを過ごしましょう。キャンパスでみなさんに会えるのを楽しみにしています。

© 2017 Ritsumikan Asia Pacific University