• 荒木 萌優

SPAから新入生のみなさんへ-オンライン授業に不安を抱えていませんか


APU新入生のみなさんこんにちは。

APS二回生の荒木萌優です。ご入学おめでとうございます。今回私は初めてのオンライン授業に不安を抱えている方に、APUのオンライン授業のスタイルや、オンライン授業を受ける受けための私なりのコツを紹介します。最後に私から、みなさんへのメッセージを載せています。


オンライン授業に必要なもの

インターネット回線、パソコン、カメラ(パソコン本体にカメラがついていない場合)です。カメラの画質は、低くても構いません。スマートフォンでもZOOMの利用はできます。しかし、画面が小さいため授業中のパワーポイントがみえにくいという欠点があります。また、授業によって教科書や書籍を準備する必要があります。

APUのオンライン授業

私は、オンライン授業になってからAPS科目のみを受講したため、APSの授業に限って紹介します。授業は、ZOOMを使って行われます。グループワークが設けられた授業もありました。グループワークは、ZOOMの「ブレイクアウトルーム」という機能を使います。例えば、「メディア入門」の授業では、毎授業の後半部分は、授業に関した意見交換の時間として「ブレイクアウトルーム」が使われていました。対面の授業では、そのとき周りに座っている学生と意見交換をするため、いつも決まった学生と意見交換をしたり友人と意見交換をしたりする場合が多かったです。しかし、オンライン授業では、機能が無作為に学生の組み合わせを選ぶため、毎回新たな発見がありました。さらに、従来のように学生全員が集まってテストを受けるということができないため、テストは学生それぞれが自宅で行いました。例えば、私が実際に受けた”Language and Society”では、テストを受けるべき時間が指定されていました。そして、その時間に各自でテストを解き、指定のウェブサイトに提出するという方法をとっていました。

 APUの授業は、学生の意見をきいて改善してくれるスピードが速いです。例えば、”メディア入門”の授業では、回線状況が悪くやむを得ず授業に参加することができなかった生徒向けに後日、授業の録画を公開していました。さらに秋セメスターからは、時差があったり通信状況の悪い環境の学生には、録画による受講も認められました。



オンライン授業の臨場感を出すコツ

オンライン授業の欠点は「臨場感」が無いことだと思います。 そのため、学生側は受動的に授業を受けてしまう場合があります。この対応策として、自分で「臨場感」を作ってみるのはどうでしょうか。その具体的な方法を3つ提案します。


① 1授業につき1つ以上質問する。

APUの先生は、学生からの質問に丁寧に答えてくださいます。また、毎授業後にZOOM上で「質問タイム」を設けている先生も多くいます。つまり、教授に直接質問がしやすい環境が整っています。教授に自分の意見を伝えるによって、講義内容にさらに興味が沸き、集中して授業を受けることができるでしょう。また、必ずひとつ以上は質問をすると心掛けることで、授業を注意深くきくようになります。このとき、教授に失礼のないような質問のしかたをするように気を付けてください。


受講後に友人と授業内容について話し合う。

さまざまなバックグラウンドを持つ生徒が在籍しているAPUでは、おなじ授業をうけていても生徒によって全く異なるとらえ方をしています。また、世界各地で生活している生徒が同時に同じ授業を受けるオンライン授業では、オンサイトの授業よりもさらに異なる観点の意見交換ができます。友人ができるかどうか不安な学生もいるかもしれません。先述した「ブレイクアウトルーム」などで意外とできるので、どうか安心してください。”Social Psychology”のクラスで発表したところ後日Facebookに「あの意見共感します!友人になってください!」と連絡がきたこともありました。また、ぜひ自分からも声をかけてみてください。


授業で習った知識を実際に自分で使うとしたら、どのような使い方ができるかを考える。たとえば、私は『メディア』を専攻していますが、新しい媒体について学ぶときは、伝統的な媒体との比較を行ったうえで従来の商品と組み合わせておもしろいメディアがつくれるか検討します。このような習慣を身につけることで授業の内容を実際のアイデアに変えることができ、積極的な態度で授業に臨むことができます。


オンライン授業に不安を抱えている貴方へ

今回の記事を読んで、少しでも不安が解消されていたら嬉しいです。まだ、APUでのオンライン授業に不安がある場合はアカデミックオフィスに相談してみてください。職員さんが対応してくれます。APUでみなさんが楽しく学びをふかめることができることを願っています。


アカデミック・オフィスサイト

© 2017 Ritsumikan Asia Pacific University